風俗スタッフブログ

ユーチューバー発想!

2019/04/23 00:26:11

この世の中ブランディングが大事、要は魅せ方
個人的には好きではないがもうそういうよ世の中になってる

例を挙げると代表的なユーチューバー、ヒカキンが毎日〇時に動画あげまーす
って事を告知して世間に認知させていくと

視聴者はいつの間にか観るのが癖になる(認知)
面白いと感じたらチャンネル登録する(お気に入り)
いい動画は再生回数が伸びる(アクセス数)

ほら!デリヘルと仕組み一緒やんかーーー

ってお話しです

むやみにやってもダメ、どうやるか、なにを刻むか
フェアリー菅田でした

大宮発派遣型風俗(デリヘル)フェアリー


 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
営業中の忙しい時間なのにブログ更新します(^O^)


そろそろ見てますよーーって人いないと泣けてきました☆

それでは本題のお話



俺が五歳の頃の話

幼少の頃は誰もが憧れる戦隊ヒーロー(^^)v


自分の頃は

ジュウレンジャー

海外ではパワーレンジャーってやつです☆


幼稚園にはバスで40分かけて行ってました


その名も[レインボースクール]
幼稚園なのにSchool(笑)

毎日五時に終わりバスで帰ると6時 

ジュウレンジャーの放送時間は五時半から(@_@;)

その為ビデオに取らないと見れなかった(^^)v

しかーし子供は凄い!子供ながらに予約して録画を覚え毎週撮ってた(@_@;)

放送の期間が終わりビデオテープは十本になっていて
親が優しくわかりやすいようにビデオテープにシールを貼ってくれていた(´∀`)

ジュウレンジャー1、ジュウレンジャー2、ジュウレンジャー3...と


小さい頃からインドアな自分はいっつもゲームやビデオを見ていた(^^)v


数ヶ月が経ち
録画していジュウレンジャーを一気に見返すことに

[ジュウレンジャー1]を見て自分もジュウレンジャーになれると確信し筋トレ。

筋トレを終えお母さんにジュウレンジャーのレッドになると夢を語り、お母さんは誰かと電話で話ながらめんどくさそうにしてたのを覚えてる(@_@;)


こっからの記憶は鮮明に覚えてて


引き続き[ジュウレンジャー2]を見ることに


いつもどうりオープニングテーマが始まり


音に合わせて

パンチ

キック
そしておたけび

歌が終わる瞬間

一瞬間があり

次の瞬間







男の人と女の人が裸で抱き合ってる 映像に


俺がさっき挙げたおたけびと違うおたけびを

裸の女の人は挙げていた


その頃エッチなことなんて知るはずも無い俺は母に報告(・・;)

俺「ママ、ジュウレンジャーのビデオ壊れたよ」

母「わかったわかったあっち行ってて」

俺「ジュウレンジャーがみれないよ(涙)裸で抱き合ってる」

母「なにーもぅうるさいな」と言いながら母はリビングに

その瞬間母はまじダッシュ(笑)

何を思ったのかテレビのコンセントを抜く

母「なんでこんなの見てんの(怒)こんなの見たらちんちんはれちゃうよ」


たしかに(笑)

俺「ジュウレンジャー2だもん!歌の途中で変わったんだもん」


多分父がダビングしたのだろう。

繊細な時期にあぁゆうのはよくない

しかも俺のジュウレンジャーに

そして俺は聞いた

俺「なんで裸で抱き合ってたの?」

母「……………………(焦)
あれは赤ちゃんを作ってるんだよ」

俺「へぇーちゅうでできるんじゃないんだ」

母がゆういつ俺に教えてくれたこと






性とは(笑)

大宮発派遣型風俗(デリヘル)フェアリー

 
大宮のお客様は何してんの?
暇なんてないのでちょろっとブログ更新の神野です。

見たよーーって人 コメントくださいね☆

今日夢で懐かしい人がでてきました。

幸手(権現堂が有名・むしろそれしかない)に住んでる頃に

当時の家の目の前のデイリーストアーのおっちゃん

夢で懐かしさにひたりまくった。
めちゃくちゃいいおっちゃんで家族みたいだった。
10歳からの関係だった。
その人の事思い出した時にまた一つおもしろいこと思い出した。


中学校3年生の時にタムとデイリーで買い物して

俺がFRIDAY立ち読みしててタムはジャンプを読みながらあぐらかいてすわりながら、じゃがりこを食べるといった

新感覚な立ち読みをしていた。

そのおっちゃんはめちゃくちゃ優しくていつも笑顔のおっちゃんだった。

おっちゃん「タム、おかし食べながら本読まないでそれ商品なんだから」

タ「ん~」

おっちゃん「ほら座って呼んだら他のお客さんの邪魔になるから立って読んで」

タ「ん~」

タムは軽く返事しただけであぐら書いたままじゃがりこ食いながらまだジャンプを読んでいた。

俺「そろそろ行こうー」

タ「まってあとちょっと」

おっちゃんは床をモップかけていた。

少ししておっちゃんが近づいてきて

おっちゃん「タム本におかしのかす落とすなよ!ほら立って読め!」

タ「うっせーなくるくる頭」

いつも冗談を言ったりしてきて、優しいおっちゃんだから
よくからかっていたりからかわれたり

そんなおっちゃんが珍しく






キレた(笑)



おっちゃん「いい加減にしろよくそガキ!その本買うのか?」

おっちゃんのキレによりタムが


キレた(笑)


タ「うっせーな!パンチ頭!こんなつまんねー本なんか買わねーよ」



さっきまで散々見てたのに(笑)




おっちゃん「このくそガキ!出てけ」


タ「うっせーな!お前がでてけ」


俺の心(ここはデイリーだぞ(笑)おっちゃんの店だぞ(笑))


おっちゃん「ここは俺の店だ!早く出てけ二度とくるな」


俺(たしかに(笑))


タ「うっせーな!お前なんかくびだ!」


俺(?????(笑))


おっちゃん「お前に言われる筋合いねーよ!ここは俺の店だ!」


俺(たしかに(笑))


タ「うっせーな!話し掛けてくんな!くそパンチお前はくびだ!早くやめちまえ!潰れちまえ」


タムは俺との日常生活に本当に笑いをくれる。
素直に聞いていれば優しいデイリーのおっちゃんに怒られた人はタム以外いないはず


タムは店のオーナーをクビにしようとする面白い人間


俺はこの事件になんにも関係ないので普通にデイリーに行っていたが、タムは三年くらいデイリーに行かなかった。


家の目の前の便利なデイリーストアー
タムといるときはちょっと離れたセブンイレブンまで行かないといけないのがだるかった


デイリーに行こうって言うと

あの店は糞だってよく言ってた(笑)

デイリーのおっちゃんはタムが全然こないので、俺にタムは元気?っていつも心配してたなぁ

今思い出すと笑えるわ

だって店のオーナーにお前はくびだって言うのは
この世でタムぐらいだもん(笑)

こないだ幸手に行ったときにデイリーは無くなって、そこに家が建ってた。

あのおっちゃんは今どこで何してんだろう?

更生したのはデイリーのおっちゃんのおかげだな。

たった一言の言葉で悪さを辞めた。
信頼している人が与える言葉って凄い力強く、前向きになる。

学校辞めて水商売はじめたって言った時もその道で一番になれば間違ってない。
って言われたな。

会いたいな
他人をあそこまで、我が子の様に見てくれたおっちゃん。
会いたいな~

俺も言ってみたいなぁ~

お前クビ(笑)


これからそういう信頼出来る人は何人いるんだろう

社会に出るとうわべとか社交辞令とかだるいっすね

長い間同じとこにいれば、それなりに信頼出来るけど。

今やってるのは水商売
人が入れ替わるからな

でも一緒に働いて長い人には素が出るな。
今いるスタッフもあきらめずに昇りつめてほしいなぁ

きっと一年後とか二年後には今の悩みがちっぽけだったって思うはず。

いっぱい失敗して、いっぱい怒られて、いっぱい衝突してきても可愛がってくれる店だから辞めないほうが良いと思う。

BIGになるなら
いっぱい失敗しなきゃ
失敗して得る物が沢山あるからね。


ブログなのに説教じみてるから終わりにしよー

最後にみんなに

お前クビ

大宮 風俗 フェアリー大宮