風俗スタッフブログ

こんにちは!

今日は料金によるデリヘルの違いについて書いていきたいと思います!
 
一言でデリヘルと言っても、店のコンセプトやそこにいるデリヘル嬢などは店によって全然違います。
その中でお店選びの大きなポイントの一つになるのがやっぱり「料金」。デリヘルは風俗店の中で最も店の数が多い業種として知られていますが、それだけに様々な価格帯の店が用意されています。
それを大きく分けると、激安・大衆・高級の3つです。ではこの料金、どんな違いでこの差が出てくるのかというと「女の子のルックス」と「接客・プレイ内容の質」です。確かに激安店でも美人はいるし接客も上手な子はいて、プレイも上手い子がいる。だけど女の子の数に対する当たり嬢の割合や美人度の違い、そしてプレイの完璧さは高級店には敵いません。
激安・大衆・高級と高級店に近づけば近づくほど、そこで働くデリヘル嬢の採用基準や接客の教育レベルが高くなっていくので、激安店よりも高級店のほうが選ばれし女の子が多くなるのは自然のことなのです。
 
激安デリヘルってどう?
デリヘルの中で最もお財布に優しく遊びやすいのが激安デリヘルです。
デリヘルの平均的なコース時間は60分なので、60分で換算するとおよそ8,000~10,000円が激安と呼ばれるゾーンになります。大衆デリヘルと比べると約5,000円前後安いことになります。
激安をうりにしているデリヘルの特徴はいくつかありますが、最も多いのは「女の子の年齢が高い」「女の子の質が低め」という点です。もちろん若い子も可愛い子もいますが、やはり大衆店や高級店に比べると劣ることが多いです。
女の子の年齢が高い、というのはジャンルで言えば人妻デリヘルや熟女デリヘルのこと。これらは細かく言えば激安デリヘルというジャンルではありませんが、料金は激安店と似ているのでこの中に入れておいて良いでしょう。プレイもどちらかというと、テクニシャンというよりは素人感をうりにしているところがありますが、それが好きな男性も多いので需要も高くなっているようです。
 
高級デリヘルってどう?
デリヘルの中で最もハイレベルなデリヘルがこの高級デリヘルです。
高級といっても少し贅沢をする程度と、本当にハイクラスな超高級の2種類があります。
まず大衆寄りの高級店は60分あたりおよそ20,000~25,000円。大衆デリヘルとはおよそ8,000~10,000円の差があります。そのもっと上のハイクラスゾーンになってくると30,000~40000円の域に到達する店も出てきます。
高級デリヘルの特徴は「女の子の質がとても高い」「接客・プレイが濃厚」という点です。高級店は店に所属している女の子全員が美人か可愛いのどちらかで、接客も一流です。激安や大衆のデリヘル嬢はアルバイト感覚で働いている女の子が多いですが、高級デリヘルになるとプロ意識が高い子も増えてきます。
ルックスが良い女性に理想の接客をしてもらえる、ということで男の理想を詰め込んだお店ですが、その分料金も高いので純粋な満足度よりもコスパで考えたほうが良さそうです。

いかがでしたでしょうか?
みなさんも選ぶときはしっかり選びましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フェアリー 大宮店(埼玉県さいたま市大宮発)  【https://www.dto.jp/shop/10784

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フェアリー 春日部店(埼玉県さいたま市春日部発)【https://www.dto.jp/shop/14201

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フェアリー 越谷店(埼玉県さいたま市越谷発)  【https://www.dto.jp/shop/27598

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フェアリー 川越店(埼玉県さいたま市川越発)  
https://www.dto.jp/shop/32511

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆